8月9日はムーミンの日 その深すぎるワケとは ムーミン雑学 

話題のニュース

8月9日はムーミンの日です

世界的に人気のキャラクターあのムーミンですが

なぜこの日なのでしょうか?

気になったので調べてみました!

ぷーしまくん
なんで8月9日??

スポンサーリンク

ムーミンの日が8月9日のワケ

なぜ8月9日がムーミンの日なのでしょう?

 

それには深いワケがありました

 

時は2004年、ムーミンの関係者たちが一堂に会していました

 

翌年はムーミン最初の本

 

「小さなトロールと大きな洪水」が発売されて60周年

 

 

これまでアニバーサリーイベントをしたことが無かった

ムーミンチームですが

これを機にお祝いをすることになりました

 

そのお祝いに合わせて、ムーミンの記念日を作ろう!

という話になったのですが、そこで問題が発生

 

ムーミンの日というからには

ムーミンの誕生日を記念日にすれば良いということですが

作品の中にははっきりとムーミンの誕生日がわかるお話が出てこないのです

 

じゃあ本が出版された日にしてはどうか?

そこでフィンランドの関係者たちに手当たり次第問い合わせました

しかし、1945年の年末ということはわかっても

正確な日にちまではわからない・・・

スポンサーリンク

ではムーミンファンたちが昔から非公式に決めている

6月3日(むー、みん)はどうだろう?

いいアイディアのように思われましたが

 

ちょっとまってください

6月3日のゴロは日本人にしかわからないため

本場フィンランドの人たちと一緒にお祝いができない

 

その後何度も打ち合わせをした結果

8月9日というアイディアが出てきました

 

これは一体何の記念日でしょうか?

 

その答えは

ムーミンの作者「トーベ・ヤンソン」さんの誕生日

だったのです

 

この提案には全員が納得

晴れてムーミンの日が制定されたのでした

 

ぷーしまくん
こんなストーリーが裏にあったのね!

スポンサーリンク

コメント