【土用の丑の日】土用?丑の日?うなぎには夏バテ予防効果なし!?

話題のニュース

今日7月20日は土用の丑の日です

土曜じゃないの?そしてなんで丑の日なの?

年に何回もあるの??

などなど疑問が尽きないので詳しく調べてみました!

 

ぷーしまくん
土曜の牛の日じゃないの?

 

スポンサーリンク

土用の丑の日とは

土用とは立春、立夏、立秋、立冬直前の18日間の期間を表す言葉です

また、旧暦では日付を十二支を使ってカウントしていました

 

ぷーしまくん
 子丑寅卯辰・・・

 

つまり土用の丑の日とは、土用の期間に来る丑の日ということですね

ちなみに土用の日は毎年変わります

【2018年の土用の丑の日】
1月21日、2月2日、4月27日、7月20日、8月1日、10月24日、11月5日

https://shikinobi.com/doyounoushinohiより引用)

ただ、世間で一般的に言われるのは夏の際の丑の日のことです

今年で言えば7月20日、8月1日ですね

7月20日(金)を「一の丑」8月1日(水)を「二の丑」と呼びます

 

ぷーしまくん
夏には2回の丑の日があるんだね〜

 

なぜうなぎを食べるの?

日本で暑い時期に栄養価の高いうなぎを食べる風習は

万葉集にも読まれているほど古いものですが

土用の丑の日に食べる習慣は江戸時代、安永・天明のころと言われています

 

由来には諸説あり、有名なのは讃岐国(当時の香川県)出身の平賀源内が発案したと言うもの

源内の説には様々なパターンがありますが

 

ざっくりというと

「商売がうまくいかないうなぎ屋さんが夏に売れないうなぎを売るために「本日丑の日」と書いて売ることを進めたところバカ売れした。そこで他のうなぎ屋もまねするようになり、土用の丑の日が広まった」

というもの

 

スポンサーリンク

その他の説としては

うなぎ屋の春木屋善兵衛と言う人が、土用に大量のうなぎの注文を受け

子の日、丑の日、寅の日の三日間で作って保存した蒲焼きが

丑の日に作ったものだけが腐らなかったという言い伝えから来ているものや

 

うなぎ屋に相談を持ちかけられた蜀山人こと大田南畝が

「丑の日にうなぎを食べると薬になる」と言うキャッチコピーを考え出した

と言う説もあります

 

ぷーしまくん
一体どれが本当なんだろう・・・

土用の丑の日豆知識

・土用の丑の日に食べるものはうなぎだけではなかった

実は江戸時代当時土用の丑の日に食べると

良いものはうなぎだけではありませんでした

 

うなぎいがいには、瓜、梅干し、うどん、うさぎ、馬肉(うま)、牛肉(うし)

などなど「う」がつくたべものならばなんでもよかったようです

 

ただし、今日で残っているのはうなぎを食べる習慣だけのよう

ぷーしまくん
テキトーか!!

 

・現代人の夏バテ予防にうなぎは効果なし??

うなぎといえば夏バテ予防に食べるとされていますが

日本における疲労研究の第一人者、大阪市立大学大学院特任教授の梶本修身先生によると

 

栄養価が高いものを食することが当然になった現代では

エネルギーやビタミン等の栄養不足が原因で夏バテすることはかんがえにくく、

夏バテ防止のためにうなぎを食べる行為は医学的根拠が乏しく効果があまりない

と言われています

 

ぷーしまくん
 でも美味しいから良いのです

スポンサーリンク

コメント