猫パルボウィルス 致死率100%恐怖の感染症 感染予防にはワクチンが重要!

話題のニュース

東京都立川の猫カフェ MOCHA立川店で

猫パルボウィルスが蔓延し、飼育されている猫が多数死んでいることが

ツイッター上で話題になっています

スポンサーリンク

 

話題の発端

発端となったのはこのツイート

 

東京都立川の猫カフェMOCHA立川店で

猫がバタバタと死んでしまうという状況が発生している模様

 

しかし、この状況はまだ公表されておらず

このままでは客として訪れた猫にも感染が広がってしまいかねない

事態を危惧したツイート主さんは同店舗をブログ上で告発する予定とのことです

 

ぷーしまくん
ひどい話・・・

スポンサーリンク

猫パルボウィルスとは

猫パルボウィルスとは猫汎白血球減少症という感染症で

ワクチン未摂取で免疫のない個体の致死率はほぼ100%と言われています

 

主な症状は、嘔吐、下痢ですが消化器の症状が見られる頃には

末期で初期は、発熱や食欲不振が現れます

 

パルボウィルスが直接的な死因になることはあまりなく

多くの場合は下痢による脱水、そこから起こる二次症状により死亡すると言われています

 

感染予防方法にはワクチンが大切!

では、感染を予防するにはどうしたら良いでしょうか

 

その唯一の手段が

「ワクチンの摂取(生ワクチン)」

です

 

ワクチン投与により

発症防御は40〜80倍

感染予防は640倍以上になります

(ワクチン投与、猫パルボウィルスについて詳しくはコチラ)

 

ただし、幼齢期の個体や、個体によってはワクチンの効果が見られないこともあるので注意が必要です

 

スポンサーリンク

コメント