ディズニーランドには何故蚊がいない?その立役者【ろ過循環】とは

話題のニュース

ディズニーランドにはあれほどたくさんの水があるのに

ほとんど蚊を見た記憶がありません

何故なのでしょうか?

 

それにはろ過循環という特殊なシステムが関わっていました

スポンサーリンク

ろ過循環とは

ろ過循環とは、液体、または気体に混ざっているゴミなどの混合物を

細かい穴がたくさんあいたろ材、と呼ばれる物質に通し

穴よりも大きな物質をこし取ることで、きれいにした水を再び循環させる技術です

 

蚊は水に卵を産み付け、ボウフラになり

ボウフラが羽化すると蚊になります

 

しかし、水をろ過循環させていることで

卵はこし取られてしまい、蚊は成長しようがありません

そのためディズニーには蚊がほとんどいないのです

 

それでも雨が溜まりやすい、水たまりなどの場所はありますが

さすがのディズニーランド

そこは日常的に目視で確認するようにして管理しています

 

半端じゃない!ディズニーリゾートの水へのこだわり

ディズニーランドの運営会社、オリエンタルランドの

水へのこだわりは半端ではありません

テーマパークの水域や水を利用したアトラクションには、ろ過装置を設置し、水を効果的に循環させることで水質を維持しています。水の入れ替えを行わず、水の補充は自然蒸発分のみとしています。

(オリエンタルランドHPより引用)

 

また、ディズニーシーで行われる噴水のアトラクションで使われる水は

そのままシーの中の水域に流れるよう設計されています

 

水質管理に対する、その万全の体制から

「飲んでも大丈夫」という噂すら立っているそうです笑

(本当に飲んでは駄目ですよ!)

 

園内に濁った水がある理由

ディズニーの水に対するこだわりはまだまだあります

 

例えばディズニーランドの一部の場所の

水ってなんかちょっと緑っぽいと言うか

普通の色じゃないですよね

 

スポンサーリンク

コケでもはえてるのかな?

と思った方もいると思いますが

実は違います

 

パークの一部のエリアで見られる水には

人工的に着色がされているのです

 

なぜ水に色を付けるのか?

それにはれっきとした理由がありました

 

ディズニーランド、シーのアトラクションは

ジャングルクルーズなど、水を使ったものが多いです

 

アトラクションにはお客さんを楽しませるための

たくさんの仕掛けが水底にあります

 

水が透明だと、その仕掛けが見えてしまい

せっかくの夢の国が白けてしまう!

 

でも、水が濁っていることによって

水の底が見えなくなるため、雰囲気を台無しにすることなく

よりアトラクションに没頭することができるのです

 

お客さんを楽しませるために

水に着色をするなんて普通思いつかないですよね

さすが世界トップのお客様精神を持つディズニーリゾートです

スポンサーリンク

コメント