【自動車希望ナンバー20年】引っ越した!事故った!こんな場合にも使える!【オリンピック限定ナンバープレートも選べる!】

話題のニュース

自動車ナンバーが自由に選べるようになった

「希望ナンバー」制度開始から20年

この制度の対象は自家用車(白ナンバー)

事業用車(緑ナンバー)軽自動車の自家用(黄ナンバー)です

 

スポンサーリンク

 

人気の自動車ナンバーランキング

せっかく車を買うなら

自分に関連する番号や、縁起の良い番号にしたい

そう思うのが人情というもの

やはり人気が集中する番号があるようです

 

全国自動車表板協議会(東京都文京区)では

2年にいちど、東京モーターショーの開催に合わせ

希望番号ランキングを集計しています

☆3ナンバー(普通自動車)の人気ナンバー
・1位:1
・2位:8
・3位:3
・4位:8888
・5位:5
☆5ナンバー(小型自動車)の人気ナンバー
・1位:2525
・2位:1122
・3位:1
・4位:8
・5位:1188
☆軽自動車の人気ナンバー
・1位:2525
・2位:1
・3位:3
・4位:1122
・5位:5

このランキングは前回発表の2015年のものと同じで

安定した人気があるナンバーのようです

 

総合的な人気ナンバーは、8888の末広がりや

2525など、わかりやすいイメージがあるものが多いですが

 

実は地域ごとに人気があるナンバーというのも存在します

 

例えば3776

これは静岡県で人気の番号ですが、何の数字でしょうか?

 

正解は、富士山の高さ3776mにちなんだものです!

このようにその地域の名所や、特徴に関連した数字も人気なのです

 

品川区で人気のナンバー【3298】その理由とは

では、東京都品川区では近年【3298】という番号が良く出ているそうです

これは何の数字でしょう?謎ですよね?

 

 

 

正解は【ミニクーパー(3ミ2ニ9クー8パー)】

 

スポンサーリンク

 

品川区でミニクーパーを購入した人が、こぞってつけるナンバーのようです

ちょっとダジャレっぽいですけどね笑

 

実は新車購入時以外にでも利用可能「希望ナンバー制度」

そんな「希望ナンバー制度」ですが

この制度、実は、新車購入時以外にも使えることをご存知でしたか?

 

国土交通省のホームページによりますと

希望番号制を利用できるのは

 [1] 新規登録を行う場合

 [2] 管轄変更を伴う移転登録又は変更登録を行う場合

 [3] 現在のナンバープレートが破損、汚損した場合

※国土交通省ホームページより引用

とのことです

[1]の新規登録というのは、新車や中古車などで購入した

ナンバーがついていない車を新たに登録するケースです

これは誰もが知っていると思います

 

しかし[2]の管轄変更や移転などの変更登録を行う時

や[3]のプレートが破損、汚損した時という理由にはびっくりしました

 

つまり、引っ越ししただけでもナンバー変更できる

事故ってプレート壊れちゃった!テヘペロ!

ということでも変更が可能だということです

 

車のナンバーは一度購入したら

売るか、廃棄するまではずっと同じだと思っていたのでかなり意外でした

 

意外と安い!?希望ナンバー制度の手数料

希望ナンバー制度を利用して発行されるナンバープレートは

通常のものと違い、受注生産になるため

通常より高い交付手数料が必要となります

 

その手数料は、地域によって違うのですが

詳細な手数料は直接問い合わせろ、とのことでしたので

今回は実際に品川区の希望ナンバー予約センターに電話して

手数料を聞いてみました

 

まず、通常のナンバー(希望ナンバー制度を利用しない)の手数料が1440円

希望ナンバー制度を利用すると4100円と3倍強になることがわかりました

通常と比べるとちょっと高いですけど

愛車に好きなナンバーを付けられると思うと、安いものなのかもしれないですね!

 

オリンピックイヤーにふさわしい記念ナンバープレート!!

また、ナンバープレートには通常の白地のものに加え

オリンピック、パラリンピック、ラグビーワールドカップを記念した

図柄の入っているものも選べることがわかりました!

 

希望ナンバー制度でこれらを利用すると

7000円〜8000円の手数料がかかります

 

また、これらのナンバープレートを申請する際には

寄付金を支払うこともできます

1000円以上の寄付金を払うと、特別なデザインのナンバーが発行されるため

欲しい人は寄付金も申請しましょう!

軽自動車検査協会より引用

 

東京2020オリンピックと、

東京2020パラリンピックのエンブレムが付いたナンバープレートが

2枚1組で交付され、どちらを前後にするかは自由です

 

東京オリンピック、パラリンピックのナンバープレートは

オリンピックの開催を盛り上げるという目的で作られましたが

特に東京限定というわけではなく

僕が住んでいる島根県でも確認しましたが、発行可能とのことです

 

ただし、地域によって発行手数料が異なるため、

お住まいの地域の希望ナンバー予約センターに電話して確認してください

電話番号リスト

スポンサーリンク

コメント