【ペパーミントの日】6月20日はペパーミントの日!ミントくんって何?【ミントで町おこし】

話題のニュース

本日6月20日はなんの日でしょう?

そう、ペパーミントの日です

(僕は知りませんでした)

スポンサーリンク

今日はそんなペパーミントの日と

それを制定した北海道北見市と

ペパーミントの関係について詳しく調べてみました!

 

北見市はかつてハッカ生産世界一だった!

など面白いことがたくさんわかりましたので、乞うご期待!

 

なんで今日がペパーミントの日なの?

ペパーミントの日はハッカが特産品である

北海道北見市の団体「まちづくり研究会」が制定した記念日です

ペパーミントはハッカ(薄荷)と呼ばれているのをご存知だと思います

今日がペパーミントの日である、第一の理由としては

20日(ハツカ)の響きがハッカに近いというものです笑

 

日本人はダジャレが大好きなんだなぁ、とちょっと力が抜けてしまいました。

 

20日は毎月あるのになんで6月なんだ?

と思われる方もいると思います

 

6月に記念日が制定されている理由は

記念日を制定した北海道北見市の、6月20日の気候が非常にさわやか

ペパーミントを連想させるようなものだから

ということがわかりました

 

世界の70%のペパーミントを作っていた北見市

そんな、ペパーミントを推している北見市ですが

なんと、昭和初期には 世界の70%のペパーミントを生産していた

ハッカ王国だったのです

日本の、じゃないですよ。世界のです

 

北海道北見市にある、「まちづくり研究会(略してまち研)」では

そんな金字塔的存在であるペパーミントを使って町おこしを行うべく

 

「ハッカで、さわやかな香りのまちづくり」をキャッチフレーズに

ペパーミントシティ北見プラン」を展開していくことになったそうです

 

北見市のシンボルキャラクター「ミントくん」

ペパーミントシティのイメージに欠かせないのが

市民を巻き込むために、公募されて誕生した

イメージキャラクターの「ミントくん」です

 

このミントくんの誕生により、北見市では

ペパーミントシティの計画が広く知れ渡り

街中に「ミント現象」が起こっているそうです

 

例えば、ミントと名の付くマンションやスナック、喫茶店が増えていたり

ミントグリーンの建物、車が多く走るようになりました

 

ある中学校ではまち研が文化祭のテーマとして取り上げられ

それを契機にこの学校は「ペパーミントスクール」を宣言

ハッカ畑を作り、ハッカの蒸留所までできたそうです

 

また、ミスペパーミントと呼ばれる

イメージガールも登場し、今は三代目

各種メディアやイベントに出演中とのこと

 

今では、公共施設や市役所、スポーツチームにも

ミントくんのキャラクターが使用されるようになるほどの大人気!

 

市内の足並みが揃わない3つの農協が統一のマークとして

ミントくんを採用したことにより

北見発の統一ブランドマークとして

ミントくんが名実ともに「北見の顔」

となったのです

 

北見市、ペパーミントのお土産

まち研では、ペパーミントを利用したお土産も作っています

それが使い捨ての紙にハッカを染み込ませた

「ハッカおしぼり」

 

こちらは北海道のみならず

本州のホテルやガソリンスタンドから

注文が来るほど人気商品だそうです

 

もう一つは

「ペパーミントクッキー」

クッキーにハッカを練り込んで焼き上げた

さわやかな味わいが特徴です

お土産、贈答品として人気だそうですよ!

スポンサーリンク

コメント