【テニス史上世界最長試合歴代二位】イズナーVSアンダーソン 世界一位に継ぎ二位も獲得

話題のニュース

7月14日のテニスの四大大会の一つウィンブルドンで

6時間36分というテニスの試合史上世界2位の記録が誕生しました

その試合はアンダーソンVSイズナー

ゲームカウントは7-6 6-7 6-7 6-4 26-24で

合計50セットものゲームにもつれこみ

アンダーソン選手が見事勝利しました

スポンサーリンク

 

また、2010年には

2日連続で日没のために中断した試合で

イズナー選手は第5セットを70-68で取り

フランスのニコラ・マウー選手に勝利

テニスの世界最長試合記録を更新しています

 

合計11時間5分にも及ぶ試合でした

スポンサーリンク

試合は6-4、3-6、6-7、7-6、70-68で

イズナー選手の勝利

 

ゲーム数も183となり、世界記録であった

シングルス112、ダブルス122を大きく上回り

この試合により12もの世界記録が樹立されたとのこと

スポンサーリンク

コメント