【糖質制限】イライラ、頭痛はいつまで続く?低血糖を乗り切るコツ【15キロ減量】

【15kg減量】ユルユル糖質制限のコツ

糖質制限ダイエッターの大きな壁

それは、イライラする、頭が回らない、気分が悪い

などの低血糖に伴う体調不良

 

今回はそんな糖質制限に伴う体調不良と、そのストレスを乗り切るコツを

糖質制限で15kg痩せた僕が、実際に使っていたモノだけを選んで公開します!

スポンサーリンク

 

糖質制限の低血糖はいつまで続くの?

僕はこれまでに4〜5回糖質制限にチャレンジしてきました

マイルドな糖質制限もあれば、かなりストイックに行ったこともあります

 

ストイックさは毎回変わるものの、たいていは

①謎の頭痛

②夜眠れない

③吐き気

④異常な体の怠さ

⑤頭が回らない

などなど、数え上げればキリがないぐらいの体調不良に見舞われることになりました

 

おそらく、この記事を読んでいらっしゃる方は

今現在苦しんでいる方が多いと思いますので

結論から言いますと僕の場合は

いずれの場合も【2〜3週間程度】経つと症状が和らぎました

 

症状が強く出ているときは正直言って

本当に辛くて、このまま一生治らなかったらどうしよう

と悩んでいたのですが、結果的に治りました

 

とは言え、今つらいのだからなんとかその苦しみを軽減させる方法はないか

そう思っていろいろ試行錯誤してみて、実際に効果があったものをご紹介します

 

症状がひどい時の応急処置

寝る

あまりにシンプルな手段故に、怒られてしまいそうですが

なんだかんだ言って寝ることは最高の回復手段でした

 

おそらく、糖質制限中の諸症状は、それまで依存状態になっていた

脳のエネルギーである糖質を急激にカットしたことにより起こっている

と思われます

※このエネルギー不足のことを【低血糖】と言います

 

つまり、一時的に脳がエネルギー切れの状態なのです

その状態でムリをしようとするから不調が現れてしまうのです

 

脳のエネルギー切れを回復する最良の手段、それこそ睡眠です

寝ることができる環境にあれば、すかさず寝るようにすると

辛さをやり過ごすのがかなり楽になりますよ!

 

しかし、糖質制限中には

不眠になりやすいというこれまた地獄のような症状も出てきます

 

そんな時には、本格的に深く眠ろうとせず

ちょっと目を閉じてじっとしているだけでも効果があります

お昼休みにちょっと机に伏せて5〜15分ぐらい寝てみる

案外すっきり感が得られます、是非試してみて下さい

 

呼吸法を行う

次に僕が効いたと思った対処法は呼吸法です

呼吸法の基本は「ゆっくり吸って、ゆっくり吐く」

というシンプルなもの

 

椅子に座ってもいいし、仰向けに寝転がってもいいので

とにかくリラックスできる体勢で、呼吸を意識的にゆっくりにしてみましょう

 

若干宗教めいた印象を受けるかもしれませんが

呼吸法は近年ではGoogleなど、超一流のIT企業でも取り入れられているほど

効果が実証されている、リラックス法の一つです

 

脳内のエネルギーである糖質が不足して

緊急モードになっている脳を一旦クールダウンさせ

冷静な自分を取り戻すためにピッタリです!

<呼吸法のやり方>

①リラックスした姿勢で座る(寝転がっても良い)

から息を秒かけて吸う

秒息を止める

秒かけて息をゆっくりから吐く

※以上を5〜10分繰り返し行う

信じられないかもしれませんが

これでかなりの場合、症状が和らぎ、しかも即効性もあります

ただし、慣れるまで少し時間がかかるかもしれないので

いざというときのために、毎日少しずつ練習しておくと良いでしょう

スポンサーリンク

頭を冷やす

これは特に頭痛がひどい時に効きます

頭が痛くなってきた時にアイスノンなど

冷却材をタオルにまいて頭にそっと当ててやると

ひんやりして気持ちがよく、頭痛もマイルドになります

 

おすすめは【アイスノンベルト】です

この商品は、普通のアイスノンと違い

はじめから頭に巻く用のマジックテープ式のベルトが付いているので

寝ながら付けるのもラクラクです

また、冷凍庫で冷やして凍らせると何回でも再利用が可能です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイスノン ベルト 大人・こども兼用サイズ 1コ入
価格:753円(税込、送料別) (2018/6/29時点)

 

 

温冷浴

温冷浴とは、熱いお風呂やサウナに入り

あまり時間を空けずに、水風呂など冷たい水をあびることで

一気にカラダをリラックスさせることができる入浴方法です

<手順>

①温かいお風呂や、サウナに入る

②十分に温まったら、少しカラダを冷まして水風呂に入る

※急に飛び込むと心臓の負担が大きい為危険です

③体が冷えたらまた少し時間をおいてお風呂へ

④以上を2〜3セット繰り返す

 

この温冷浴を行うと、脳内でセロトニンと呼ばれる

精神を安定させる物質が大量に放出されるため

糖質制限の辛さが軽くなる効果が見込めます

 

普段お風呂にお湯をはらない人や、近くに銭湯がない人は

シャワーの温と冷を交互に行うことでも効果はあります

 

どうしても辛いときは糖質を摂取しよう

どれほどがんばっていろいろ対処してみても

どうしても辛いときはあります

そういう時は意地を張っていないで糖を摂取しましょう

(糖質制限の低血糖はシャレにならないぐらいキツイです)

 

ただし、条件があります

それは【非精製糖】を摂取することです

 

糖には精製糖と非精製糖があります

・精製糖 上白糖、グラニュー糖、三温糖など

・非精製糖 黒糖、はちみつ、メープルシロップなど

 

精製糖は、穏やかに血糖値を上げるため

そのぶん下がるのも緩やかです

その結果、血糖値の乱高下で気分が不安定になることが少なくて済むのです

 

逆に精製糖は、急激に血糖値を上げ

下がるのも急降下なため、情緒不安定になりがちになってしまいます

 

繰り返しますが、糖質制限の体調不良が辛い時は

非精製糖を上手に摂取して、辛さを乗り切りましょう

 

ただし、黒糖は【純黒糖】を選んで下さい

 

通常スーパーで販売されている安価な黒砂糖は

【加工黒糖】と呼ばれるもので

最悪5%しか黒糖が含まれていない可能性があります

その場合、ほぼ精製糖を摂取しているのと変わらないため注意です!

 

おすすめは【波照間黒砂糖ブロック】

コチラの商品は、紛れもなく純黒糖です

脳の疲労にもよく効くのでとてもおすすめな一品で

僕もおやつによく買っていました

購入はコチラから 

 

まとめ

・糖質制限の低血糖症状は筆者の場合2〜3週間で治った

・低血糖が辛い時は【寝る】【呼吸法】【頭を冷やす】【温冷浴】【非精製糖の摂取】で乗り切ろう!

スポンサーリンク

コメント